下肢静脈瘤の治療をしよう|スピード改善プラン

目視で分かる病気とは

スクラブを着た女医

下肢静脈瘤の大きな特徴とは、静脈の膨らみです。また、下肢静脈瘤の症状は無症状の場合と、下肢の重怠さや強い疲労感を感じる方もいます。稀に静脈瘤が出現した場所に沿うように痛みを感じる方もいます。治療方法としては、軽度から重症度によって治療内容が異なります。

More…

ふくらはぎの病気とは

脚

足の静脈の病気

下肢静脈瘤は、女性に多い病気で特に中高年にその患者が目立ちます。主にふくらはぎにその症状はあらわれ、血管がふくれコブになったり皮膚がミミズのような形に盛り上がったりします。これは、むくみや痛みなどを伴い足がつったりする人もいます。不快な症状が少なくてもスカートなどをはくと足が目立つので見た目が悪くなります。これは、女性にとっては大問題で早く治療をすることで回復も早くなります。下肢静脈瘤は、足の静脈の中の弁が壊れ血液の循環が悪くなる病気です。ある部分でたまった血液が皮膚の下で膨れ上がり、それがコブ状に盛り上がったりするのです。その症状は様々で、盛り上がった血管が扇状に広がったり大小のコブがいくつもできたりと人によって違ってきます。

その改善方法とは

下肢静脈瘤は、軽い症状の場合は弾性ストッキングを着用して治療することがあります。足に圧力を加えることで血流をよくしてむくみなども防ぎます。また、並行して足のマッサージも行われます。そのほかに、硬化療法という治療もあり注射で薬剤を患部に注入しコブを固めてしまう方法です。固まったコブは、時間が経つにつれて自然に体内に吸収され消えてしまいます。また、症状が進行した場合はストリッピング手術で、足の付け根と膝の内側の2箇所を切って静脈に細い針金を入れる方法が行われます。そして、この針金ごと静脈を引き抜き改善を図る治療です。また、レーザーなどで患部を焼いて消してしまう方法もあり症状に合わせた治療が行われます。下肢静脈瘤は、血行をよくすることが大切で日頃からマッサージをして足をいたわることで、病気の予防や改善をすることができます。

進行度ごとの症状と注意点

手術室

下肢静脈瘤の進行度は大きく分けて3つに分類する事が出来ます。病状の進行度合いによってそれぞれ適した治療方法がありますが、外見的問題で場合によっては複合した治療法を行う事もあります。基本的には、軽度の場合では運動治療を行い、中度から重症度の場合には外科的手術を行う事が殆どです。

More…

下肢静脈病変の対処法

脚

下肢静脈瘤の治療には、静脈を圧迫する弾性ストッキング・レーザーまたは高周波の熱によって焼灼する方法・化学物質によって炎症をおこす硬化療法やワイヤーで静脈を取り除くストリッピング手術が病状に応じて実施されます。

More…